201 Fukadaso  1-9-7 Hirano Koto-ku, Tokyo, JAPAN

info@lottadesign.tokyo

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
base.png
  • 清澄白河​

  • セミオーダーシューズ

© 2018 LOTTADESIGN.  All rights reserved

Size guide / How to care / Attention

サイズガイド

オンラインショップでは、図の計測により、表示をしております。

​シューズを選ぶ際の目安としてご確認ください。

足のサイズは左右で異なることが多いため、両足とも計測することをお勧めします。

時間帯や体調によって足のサイズは変わります。夕方に向けてむくみが出やすくサイズも大きくなることがあります。

​オンラインショップで取扱っているシューズのほとんどの木型のワイズは【E】を参考にしております。デザインや素材によって履き心地は変わってきます。

また、ソックスを合わせたりする場合もサイズが変わってきますので、用途にあわせてサイズをお選びください。

また外反母趾などの症状がある場合、シューズによっては靴の縫い目に当たったりなど、足に合わない場合が多く見受けられますため、店頭で試されてからのご購入をご検討ください。

​シューズのお手入れ法

素材別お手入れ方法

●合成皮革、エナメル  

・合成皮革はベース生地またはマイクロファイバー素地にポリウレタンで質感や色合いを加工した素材です。表面は比較的雨に強いのが特徴です。水に濡れた場合は乾いた柔らかい布で拭き取り、風通しの良い場所で乾かします。汚れは中性洗剤を薄めたものをお使いください。

●ポリエステルスエード、マイクロファイバースエード  

・いずれもベース生地に起毛加工を施した素材です。靴を下ろす時には防水スプレーをかけます(液垂れしないように用法をお守りください)。お手入れの際はスエード用ブラシで軽くブラッシングをしましょう。箔加工等が施されている素材は、摩擦によって箔が落ちていきます。柔らかい毛先のブラシをお使いください。

●布地  

・汚れが落ちにくいため、対策として使用前に防水スプレーをかけることをおすすめします。汚れた場合は水で湿らせた布で汚れを落とします。

●本革スエード(起毛)  

・スエード専用の防水スプレーを使用。履いた後はブラッシングし、毛並を逆立てて防水スプレーをかけ、毛並を整えます。気になる汚れは専用の消しゴムやムースタイプのクリーナーのご使用をおすすめします。

●本革スムース   ・一定方向に軽くブラシをかけ、埃や汚れを落とした後、布にクリームを少量とり、薄く塗り布によく馴染ませます。塗るときは必ず  目立たない部分で試してから使用してください。

●特殊素材(ミラー素材やスパンコール、ファーなど)、オーナメント、リボンなどの飾りがついたもの ・デリケートな素材は、柔らかいブラシや布を素材に応じて使い、ホコリを落とします。引っ張ったり、こすったりなどしないようにしてください。

注意事項

注意事項

●靴を履くときは、かかとを潰さずにお履き下さい。脱げやすくなり、転んで怪我をする場合があります。靴べらを使って履き、靴紐をしっかり結んでご使用ください。

●ヒールの高い靴や踵がない靴は、十分に注意をしてご使用下さい。足先が不安定なので、転んで怪我をする場合があります。

●革靴は、雨や雪の日には、注意してご使用ください。水分が染み込んだり、滑ったりすることがあります。

●用途に応じて、靴を履き分けてください。用途に合わない靴では、本来の機能を発揮できず、転んで怪我をすることがあります。

●靴を選ぶ時は、ご自身の足のサイズや特徴を理解して、無理のない履き心地のものを選んで下さい。足に合わない靴は、痛みや疲れの原因となります。

●かゆみ、かぶれ等を感じたら、直ちに使用を中止してください。そのまま履き続けると、症状が悪化することがあります。

●天然皮革や裏地が無い靴の場合、薄い色の靴下等に色落ちする場合がありますので、注意してください。

●ポリウレタンを使用した底や生地は、長期間保管したときには経年劣化で破損している場合がありますので、履く前に良くご確認下い。 特に高温多湿や気温差の激しい場所での保管は劣化を早める原因となります。

●お手入れの際は、素材に合ったクリーム等をご使用下さい。商品によっては変色する場合がありますので、目立たない部分で試してからご使用ください。

●保管する場合は、通気の良いところで、地面から離れた場所が好ましいです。汚れたままや、高温多湿での保管は、カビやニオイ、劣化を早める原因となります。  

●靴は様々な部材から成り立っています。ヒールに打ち付ける釘や足裏の強度を保つシャンクなどの金属部材、クッションに使われるウ レタン材、ソールに使われる合成樹脂、接着剤なども、経年により劣化が生じますことをご理解ください 。 不良品の判別につきまして

●生地、とくに手加工や手作り、ビンテージ、ミックスツイードなどは、左右均等にならなかったり、一足一足ごとに個体差が生じますため、 不良品とは認めませんことをご了解下さい。

●糊汚れに関して、底裏やアッパー表面に着く糊は出来るだけ取り除く作業をしておりますが、箇所により、十分に取れない部分が残ることがございますので、ご了承願います。

●資源や環境を配慮し、過剰包装をしておりません。よって配送によって生じる、外箱の欠損は不良品とは認めませんことをご理解願います。